スポンサーシップ・プログラム

チャイルドストーリー

スポンサーシップ・プログラムで未来を切り開いたチャイルドたち Child Story

Story of Lezyl 大学の卒業を控えた22歳のレジルは、スポンサー(支援者)に宛てて手紙を書きました。

レジル写真

「もうすぐ私は大学を卒業して夢を叶えることができます。家族を助けるという夢です。私の目の前には明るい未来が開かれています。貧しいがゆえに、学校に行けない子どもたちもたくさんいます。その中で、私の教育を支えてくださったことに感謝しています。」

  • 詳しく見る

その他のチャイルドストーリーを読む

修了認定試験に合格したリンマヤのストーリー

2010年、ラメチャップ郡でのスポンサーシップ・プログラムを開始するにあたって、子どもたちの生活環境や、直面する教育上の課題を紹介するため、機関紙などで取りあげたリンマヤという女の子がいます。当時リンマヤは10歳の女の子 […]

足を使って絵を描くようになったニメシャのストーリー

ニメシャはスリランカの地方に暮らしている12歳の女の子です。脳性小児まひにより、発達の遅れと身体に障がいがありました。 父親の収入が十分ではなく、家族は貧しい生活を強いられていました。ニメシャに必要な療育を受けさせること […]

  • 全て見る