チャイルド・ファンド・ジャパン

緊急支援

ウクライナ国内外47,000人に7億円規模の支援を展開 ~戦禍の中で生き抜く子どもたちと家族へ物資と心のケアを提供~



特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン(東京都杉並区、代表:長山信夫)が所属する国際ネットワーク チャイルド・ファンドは、ウクライナ国内外の子どもたちとその家族を支援する包括的な支援計画を策定しました。7億円(580万ドル)規模の支援で、食糧等の配布や心のケアなどを47,000人に届けます。

子どもたちにも広がる被害 心のケアも課題に
民間人にも多大な影響をもたらしているウクライナの人道危機。子どもたちも130人以上が亡くなったと伝えられています(3月26日時点)。

チャイルド・ファンドは、チャイルド・ファンド・ドイツが20年近くにわたってウクライナで活動してきた経緯を生かし、ウクライナ国内で緊急支援を迅速に開始。これまでに4,900人以上の子どもたちや家族に支援を届けてきました。

しかし、収束の兆しが見えない中、支援の継続が必要となっています。子どもたちの心のケアも課題で、あるスタッフは「母親が数メートル離れて視界から見えなくなっただけで、泣き出し、パニックになってしまった女の子もいる」と、子どもたちが不安と恐怖に苦しめられている現状を語っています。



物資提供、心のケアなど、47,000人への包括的な支援計画を策定
事態が長期化する中、チャイルド・ファンドは、これまでの支援活動において把握した現地の状況やニーズなどをふまえ、7億円規模の包括的な支援計画を策定。チャイルド・ファンド・ドイツおよび同じメンバー団体であるWeWorld(イタリア)が中心となり、ウクライナ国内で27,000人、隣国のモルドバにおいて21,000人に支援を届けます。

実施する支援活動
・食糧、医薬品、乳児食品、おむつ等の配布
・難民の他国への移動の交通費等にあてるための現金支給
・避難所の設置・整備支援
・子どもの居場所づくりやレクリエーションによる心のケア



ウクライナの子どもたちを守るため、支援にご協力ください
チャイルド・ファンド・ジャパンでは、ウクライナ緊急支援のご寄付を受け付けています。ウクライナの子どもたちを守るため、皆さまのお力をお貸しください。

*チャイルド・ファンド・ジャパンは「認定NPO法人」として認定されており、寄付金控除が可能です。