チャイルド・ファンド・ジャパン

緊急支援

【台風19号】学習スペースの運営

チャイルド・ファンド・ジャパンは、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会と協働し、台風19号で被害を受けた長野市で被災された方々の生活を支えるための支援活動をおこなっています。

台風19号による豪雨から1カ月以上が経過しました。長野では、ますます寒さが増すなか、まだ多くの人が避難所生活を続けています。避難している子どもたちは、休校していた学校が再開したのに合わせて、宿題や受験勉強に取り組み始めています。避難所には勉強できるスペースがなかったため、学習スペースの運営を開始しました。

避難所の学習スペースで勉強する子どもたち

学習スペースは毎日夜10時まで開放しています。夕方4時半頃から、学校から帰ってきた小学生たちが集まり、宿題をしています。夜になると、中学生や高校生が増えてきます。中には、受験勉強のために足しげく通う子どももいます。

学習スペースができる以前は、避難所に落ち着いて勉強できるスペースがなく、子どもたちは床やダンボールベッドの上で勉強していました。学習スペースが設置されてからは「机と椅子があり、暖房も効いている空間で勉強できるようになった!」と子どもたちは喜んでいます。

子どもたちは、落ち着いて勉強に取り組めるよう自発的に、学習スペース使用のルールを決めました。スペースを利用する一人ひとりが、他の人を思いやって利用しています。大学入試過去問題集を毎日のように持ってくる高校3年生の受験生は「数時間でも集中して勉強できるのは嬉しい」と喜びのコメントを寄せています。

チャイルド・ファンド・ジャパンは引き続き支援活動をおこないます。皆さまからのご支援をお待ちしております。


このプロジェクトに寄付する

*「台風19号被災者支援」の欄に金額をご入力ください。
*チャイルド・ファンド・ジャパンは「認定NPO法人」として認定されており、寄付金控除が可能です。