チャイルド・ファンド・ジャパン

最新ニュース

「子どものセーフガーディング」の取り組みが紹介されました!



すべての子どもに開かれた未来を約束する国際社会の形成」というビジョンにふさわしい組織であるために、チャイルド・ファンド・ジャパンでは、「子どものセーフガーディング」の整備・強化を進めています。「子どものセーフガーディング」とは、私たち自らが活動の中で子どもに危害をもたらすことのないよう、予防や対応を進めていく取り組みのことです。

この取り組みを始める際に、私たちは、Keeping Children Safeというイギリスの団体が作成した子どものセーフガーディングの国際基準を満たす組織となることを目指すことにしました。チャイルド・ファンド・ジャパンは、この国際基準をもとに「子どものセーフガーディング方針」を作り、この方針に沿って子どもを守るうえで有効な体制や手続きの整備を進めています。

このたび、Keeping Children Safeのホームページ(英語)でチャイルド・ファンド・ジャパンが紹介されました。終戦後の混乱期にさかのぼる団体の歴史や大切にしてきたことにも触れ、子どものセーフガーディングの取り組みの今日までの歩みが紹介されています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

子どものセーフガーディングは、活動を支えてくださる支援者のみなさまをはじめ、団体に関わってくださるすべての方々のご理解とご協力が不可欠です。これからも、チャイルド・ファンド・ジャパンの取り組みを見守ってくださいますようお願いいたします。