チャイルド・ファンド・ジャパン

最新ニュース

フィリピン、台風26号の影響について(11/8追記)



強い勢力の台風26号(フィリピン名Rosita;国際名Yutu)が、30日朝にフィリピンに上陸したことが報道されています。

チャイルド・ファンド・ジャパンの支援地域では、ルソン島北部にある協力センター27、28、44に影響がありました。センターの場所、詳細はこちらから確認できます。


(11月8日現在)各センターの状況は以下の通りです。
センター27
支援を受ける家族のうち約20世帯で、家屋に全壊か甚大な被害があったことが報告されています。現在も親類や近所の家に身を寄せている家族もいます。緊急支援の実施も視野に入れて、引き続き被害状況の調査を進めます。

センター28、センター44
支援を受けるすべてのチャイルド、家族の安全が確認されました。


(10月30日現在)各センターの状況は以下の通りです。
センター27
29日夜から停電しており、地域の一部の住民が避難所へ移動しています。人的被害はないものの、スポンサーシップ・プログラムの支援を受ける世帯の家屋への被害が報告されており、現在、状況を調査しています。

センター28、センター44
停電が発生していますが、被害は報告されていません。

今後、またウェブサイトなどで状況をお知らせいたします。