チャイルド・ファンド・ジャパン

緊急支援

新型コロナウイルスで困窮する子どもたち630万人に支援を

チャイルド・ファンドは、子どもへの支援に取り組む 11 の団体からなる国際的なネットワークです。チャイルド・ファンド・ジャパンも加盟し、連携しながら子どもたちへの支援活動をおこなっています。

この度、チャイルド・ファンドは、世界60ヵ国以上で暮らす630万人の子どもたちとその家族に支援を届けるために、5,600万ドル(約56億円)相当の新型コロナウイルス(COVID-19)対応策をまとめました。新型コロナウイルスの感染拡大は、弱い立場にある途上国の多くの子どもたちに、長く影響を及ぼします。この対応策では、子どもたちの切迫している課題である、健康、食糧、子どもの保護、教育について優先して支援活動をおこないます。

感染拡大によりストレスを抱える人たちが増えると、虐待とDVのリスクも高まり、子どもたちの成長に深刻な悪影響をもたらすことにもなります。さらには、休校によって学習機会を一度奪われた子どもたちは、授業に戻りにくくなり、むしろ児童労働や早期(児童)結婚をさせられることにもなります。

この感染症の蔓延とそれに付随する問題は子どもたちに度重なる危険を及ぼします。家族が病気になったり、生計手段が途絶えれば、家庭の収入源を失うことにもなります。そうなると、食糧や生活必需品を購入できなくなり、子どもの健康と成長が損なわれてしまいます。チャイルド・ファンドの対応策では、子どもたちへの感染拡大を防ぐとともに、子どもたちへ及ぼす危険を軽減することを目的にしています。

この危機に瀕した子どもたちとその家族を支援するために4つの分野での活動を予定しています。

●健康…子どもたちとその家族への感染を防ぐ
●食糧…子どもたちに必要な食糧を確保する
●子どもの保護…子どもたちを体と心への暴力から守る
●教育…子どもたちの学ぶ機会を守る

●健康(感染症対策)
・ 症状や衛生習慣、検査・診療場所についての啓発活動
・ 石鹸・手袋・マスクなどの衛生キット配布ほか

●食糧
・食糧・生活必需品の配布や購入のための現金支給など

●子どもの保護
・地域の子ども保護制度へのサポート
・ストレスを抱える子どものための一時避難所へのサポートほか

●教育
・オンラインやラジオによる学習機会の提供
・自宅学習キットの配布ほか


食糧配布を受け取った子どもたちの感謝のメッセージ(フィリピン)

チャイルド・ファンド・アライアンス事務局長のメグ・ガルディニエールは、「人と物理的距離を取らなければならないこの時期にも、一緒に集い、結束を示す方法はあるものです。この感染症の世界的な大流行の最中でもその後でも、子どもたちは世界で最も厳しい生活を強いられます。そんな子どもたちにチャイルド・ファンドは希望ある変化をもたらすことができると信じています」とコメントしています。

チャイルド・ファンド・ジャパン事務局長の武田勝彦は「新型コロナウイルスの蔓延は地球規模の健康危機です。経済的な困窮を同時に生み、危機の連鎖も招きます。チャイルド・ファンドが世界60ヵ国以上で支援している子どもたちとその家族は経済的に弱い立場にあり、危害を受けやすいです」と語ります。

チャイルド・ファンド・ジャパンは、新型コロナウイルス緊急支援のための募金を受け付けています。皆さまからのご協力を、心よりお願い申しあげます。


このプロジェクトに寄付する

*「新型コロナウイルス緊急支援」の欄に金額をご入力ください。
*ご寄付は、チャイルド・ファンド・ジャパンが支援している3カ国(フィリピン・ネパール・スリランカ)、またはチャイルド・ファンドが支援している他の国々で活用されます。
*チャイルド・ファンド・ジャパンは「認定NPO法人」として認定されており、寄付金控除が可能です。