チャイルド・ファンド・ジャパン

最新ニュース

11月20日は「世界子どもの日」! コロナ禍における子どもの権利を守る

1989年11月20日、国連総会で「子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)」が採択されました。 条約の採択にちなんで、11月20日は「世界子どもの日」に制定されています。

子どもの権利条約は、子どもを、大人と同様の一人の人間であると捉えて人権を認めるとともに、子どもであるからこそ必要となる成長や教育、保護などに関する権利を定めた条約です。54の条文から成り立っていて、主に以下の4つの権利があります。



チャイルド・ファンド・ジャパンの活動はこの子どもの権利条約に基づいて行っています。
しかし現在、 新型コロナウイルスの収束が見通せないなか、こうした子どもたちの権利が脅かされる危険性があります。

ロックダウンにより職を失った家庭では、十分な食糧を手に入れることができず、「生きる権利」が守られていません。ウイルスの感染予防体制が不十分な地域もあります。

また、依然として対面での授業が再開されていない国もあり、子どもの「育つ権利」が十分に保障されているとはいえない状況もあります。職を失ったことや自粛によるストレスで、親が子どもに暴力をふるうといった危険性もあり、「守られる権利」が侵害されるおそれもあります。

私たちチャイルド・ファンド・ジャパンは、これまでの活動をふまえながらも、現在の新型コロナウイルスによる危機に対して、より一層子どもの権利を守る活動に力を入れて取り組んでいます。

食糧が十分でない家庭への食糧支援、家庭の学習環境を整える支援、衛生キットの配布や感染予防の啓発、子どもたちのメンタルケアなど、事業地の状況を注視しつつ取り組んでいます。



子どもたちの相互理解と福祉の向上をはかることを目的とした「世界子どもの日」。
新型コロナウイルスの影響で、子どもの権利を守ることが一層厳しくなっているいま、皆さんも子どもの権利について考えてみませんか。