チャイルド・ファンド・ジャパン

最新ニュース

「チャイルド・ファンド・アライアンス」に新しい団体が加わりました!~新たに700万人の子どもたち、家族が支援対象となり、支援国は世界70カ国以上に~

チャイルド・ファンド・ジャパンは、子どもへの支援に取り組む団体からなる国際的なネットワーク「チャイルド・ファンド・アライアンス」に加盟しています。各国の団体と連携することで組織力を高め、支援の効果や社会への影響力を強化しています。

このチャイルド・ファンド・アライアンスに、新たなメンバーとして、イタリアの団体「WeWorld」が参加することになりました。これにより、新たに約700万人の子どもたち、家族が、チャイルド・ファンドの支援活動やアドボカシー活動の対象に加わり、支援対象国は70ヵ国を超えることになりました。WeWorldは、既存の協力団体と連携し、チャイルド・ファンドの活動をより強化します。子どもたちに対する暴力と搾取を根絶し、子どもの権利を保護し、また、子どもたちが本来備え持つ可能性を実現できるように支援に取り組んでいきます。

チャイルド・ファンド・アライアンスの理事会は、約2年間の審査を経て、11月5日にWeWorldの加盟を承認しました。WeWorldは、チャイルド・ファンド・アライアンスの12番目の加盟団体となり、イタリアに本部を置く初めての団体となります。

現在、チャイルド・ファンドは、60ヵ国以上で活動し、約1,600万人の子どもたち、家族を支えています。一方で、WeWorldは、27ヵ国で約700万人の人々に支援を行っています。そのうち10ヵ国は、チャイルド・ファンドがこれまでに活動していなかった国となります。新しいメンバーの加盟によって、チャイルド・ファンドの支援対象は、70ヵ国以上、約2,300万人に拡大します。



チャイルド・ファンド・アライアンス事務局長のメグ・ガルディニエール とWeWorld理事長のマルコ・キエサーラ は、今回のWeWorldの加盟について、次のように話しています。

メグ・ガルディニエール
「新しいアライアンスメンバーとしてWeWorldを迎えることができ、とても嬉しく思います。WeWorldは、私たちチャイルド・ファンド・アライアンスが重視している、子どもへの暴力を撲滅するという目標を共有し、また、すべての子どもが権利を享受し、本来備え持つ可能性を実現できる世界をつくるという、私たちのビジョンを共有しています。世界中の弱い立場にある子どもたちや家族を支えるため、私たちの力をより高めていけることに期待をふくらませています。」

マルコ・キエサーラ
「チャイルド・ファンド・アライアンスへの参加によって、人々の権利を守るという私たちの活動は、より効果的なものになります。今回の参加によって新しい知見や機会が得られ、誰一人取り残さないための私たちの活動を、イタリアおよび世界で、一層成長させることができるでしょう。チャイルド・ファンドは、現場での活動や政策面において大きな力をもっているだけでなく、私たちと同じビジョンや方法論をもっており、まさに私たちが探し求めていたネットワークです。」

チャイルド・ファンド・ジャパンが掲げるビジョン「すべての子どもに開かれた未来を約束する国際社会の形成」は、1つの団体の活動だけで実現できるものではありません。私たちは引き続き、チャイルド・ファンド・アライアンス内で連携するとともに、他のNGO・NPO、政府機関などとも連携し、ビジョンの実現に向け活動していきます。

WeWorldの公式サイトはこちら