チャイルド・ファンド・ジャパン

最新ニュース

【冬募金のお願い】感染症の危機を乗り越えるために



子どもたちのレジリエンスを支える
※困難な状況に直面しても、適応して前向きに生きる力のこと

世界中で新型コロナウイルス(COVID-19)の収束が見通せないなか、途上国の支援地域では、弱い立場にある子どもたちが命と生活の危機に追い込まれています。医療体制が脆弱な上、感染症の正しい知識や衛生用品が十分ではなく、感染のリスクにさらされています。また、休校などにより学習の継続も難しくなっています。

この危機に際し、チャイルド・ファンド・ジャパンでは、感染を予防するために衛生キットを配布し、啓発活動を通じて公衆衛生を広める活動を行っています。不安でいる子どもたちをケアしながら、学習環境の整備にも取り組んでいます。

チャイルド・ファンド・ジャパンはこれまで、子どもたちが学校へ通えるように支援することに加え、自己啓発や地域の活動を通じて、内面的な成長も支えてきました。コロナ禍の先行きの見えない状況に直面しても、子どもたちは、支援を受けながら、あきらめずに適応して前向きに生きる力、レジリエンスを育み、日々を歩もうとしています。

地域の活動では、ストレスを抱える子どもたちが、不安を絵に表現することで気持ちを落ち着かせようとしています。助け合うことを学び、きょうだいに正しい手洗いの仕方や勉強を教えている子どももいます。

厳しい環境にあっても未来へと進もうとする子どもたち。そんな子どもたちを支えてください。

子どもたちの健康と教育を守るために、ぜひご協力ください

例えば

10,000円のご寄付で机といすのセットを家族3世帯に贈ることができます。

50,000円のご寄付で300名の子どもたちがしなやかに生きる姿勢を育むことができます。

*2020年 冬募金」の欄に金額をご入力ください。
*
皆さまからのご支援はチャイルド・ファンド・ジャパンがおこなう活動全体に役立てられます。
*
チャイルド・ファンド・ジャパンは「認定NPO法人」として認定されており、寄付金控除が可能です。